頭皮ケア

頭皮ケアを疎かにすると大変

MENU

成長と弱さと

実は小学校低学年の頃、私は酷いフケ症だったようです。

 

当時の私は今以上に皮膚が弱く、日光に長時間当たったせいで右肩に火傷のような痕が出来てしまったり、腕に湿疹が出来てしまったり、兎に角驚くほど皮膚が弱い子供でした。

 

今もそれほど肌が強いわけではありませんが、今の数倍肌が弱かったのは間違いありません。

 

しかもその当時は、シャンプーや石鹸も限られた物しか使えず、合わないものを使うと頭皮や肌が物凄い痒くなってしまい、結果としてフケ症になっていたのだとか。

 

元々私のフケ症の場合は頭皮の湿疹が原因だったため、猛烈に痒い上に掻きむしったせいで余計に湿疹が広がるという悪循環。

 

子供ですから、中々我慢すると言うことも出来ず、両親は仕方なく効き目の強い飲み薬や塗り薬を使用して、短期間で治すようにしていたようです。
ですが、やはり強い薬は身体への負担も大きいため、治ってくるとすぐに医師から使用を中止されていたようで、暫くするとすぐにまた再発。どうにもならない悪循環ですね。

 

 

思春期を迎える頃に、そんな肌の弱さも少しマシになったようで、その頃から身体も徐々に丈夫になって行きました。
ですが、やはり根本のところは弱いのでしょう、この二三年で日光湿疹にもなってしまいましたし、これからも肌のトラブルは続いていきそうです。